2013年の米国企業市民賞 大賞はUPS

2013 / 12 / 7 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa


USC1009562 – Images by U.S. Chamber of Commerce

今年で14回目を迎えた、米国企業の企業市民活動を表彰する
企業市民賞(Corporate Citizenship Awards)。

各部門の受賞企業が米国商工会議所
ビジネス・シビック・リーダーシップ・センターより発表されました。

The Citizens Awards
http://bclc.uschamber.com/citizens-awards

大賞を獲得したのはUPS
自社の強みが活かせる地域・分野での活動が評価されました。

グローバルな自社の物流ネットワークが展開するコミュニティに対して、
交通安全や緊急災害支援、退役軍人の雇用訓練の分野で
資金援助やボランティア活動による支援を展開。
2012年に行った3ヶ月間の調査によると、
ボランティア活動を通じて新規売上機会の
費用対効果指標が5%増加したそうです。

教育部門で表彰されたのは3M
40年以上にわたって、本社近くにある
移民が多い貧困地域の子どもたちが通う公立小学校を支援し、
近年はSTEM(科学、技術、工学、数学)教育に特に力を入れています。
2004年から2011年にかけて、退学率を半減させ、
67%が中等教育への進学を志向するようになりました。

コミュニティ改善部門はTransamerica
深刻な問題になっている食料砂漠地域
(都市部で食料品や日用品にアクセスできない地域)
に住む子どもたちの肥満や栄養改善に貢献するために、
都市型農園を開設し、地域の食料事情の改善に取組んでいます。

災害支援部門はIBM
災害発生時に、従業員によるプロボノ支援チームが
専門的なスキルと技術を早期に提供する仕組みを構築しています。

経済的エンパワメント部門はCitiWalmart
35カ国で展開するマイクロファイナンスプログラム、
5年間で200億ドルを投資する女性の自立支援プログラムが
それぞれ評価されました。

全世界での廃棄物削減の取組みが評価され、
環境部門はHilton Worldwideが受賞。

健康部門はMerckで、
30カ国で1800万人の患者がいるとされる
河川盲目症(オンコセルカ症)の治療薬を
10億錠以上寄付し、患者の生活改善に取組んでいます。

パートナーシップ部門はCitiとNational Community Tax Coalition
低所得者層の子どもたちの大学進学を支援し、
経済的な自立をサポートしています。

活動の内容だけでなく、自社がその課題に取り組む理由や、
達成した成果の見せ方など、参考になる点が多くあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する