進む規制の動き 侵略的外来種の対策に向けて

2013 / 9 / 26 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

Invasive Species: Stripy Croc
photo by Lizette Greco

アライグマ。マングース。セアカゴケグモ。

「侵略的外来種」とよばれる、
地域固有の生態系に悪影響を及ぼす外来種の規制・対策が、
各地で問題になっています。

日本でも今年6月、法律が改正され、
新たに在来種との交雑種が規制対象になる、
特定外来生物が付着している輸入品への措置が追加されるなど、
対策の強化が進められています。

詳しくはEICネット
「外来生物法の改正 ~外来種対策の強化に向けて~」
http://www.eic.or.jp/library/pickup/pu130807.html

欧州でも、9月に新たな規制案が
欧州委員会より提案されています。

New EU Action to protect biodiversity against problematic invasive species
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-818_en.htm?locale=en%E3%80%80

欧州で生息する外来種は1万2千種以上。
そのうち、約15%が侵略的外来種と見積もられています。

生態系への影響の他、経済面でも
健康、インフラ、農業への被害など少なくとも
年120億ユーロの経済損失をもたらしているといいます。

陸続きの欧州では、ある国で対策を進めても、
隣国から新たに持ち込まれれば効果がないため、
加盟国間の協力が大きな課題となっています。

法案では、EU共通の侵略的外来種リストを作ることを提案。
該当種は将来域内で輸入、購入、利用、放出、購入が禁止となります。

他に、防止策として外来種の侵入防止や経路の洗い出しと対策、
早期警戒・対応策として繁殖が確認された場合の駆除など、
管理対策として広範囲に繁殖していた場合の被害の最小化などが
含まれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する