【ご案内】[Shared Interest プロジェクト vol.2] 世界で通用する表現、しない表現 ~環境・人権・多様性の観点から~

2013 / 6 / 13 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

この度、以下の研究会を開催することになりました。

ただ今参加者募集中です。

ご関心をお持ちいただいた方、是非お問い合わせください。

—————–
[Shared Interest プロジェクト vol.2]
世界で通用する表現、しない表現
~環境・人権・多様性の観点から~

大自然を疾走する自動車。
店舗で活躍する障がい者を大々的に取り上げた記事。

日本では当たり前に使用されているこれらの表現。
実は海外では「不適切」として、批判される可能性があります。

日本で制作したCSRレポートをはじめとする
コミュニケーションツールを海外向けに展開する場合、
表現に注意をしないと思わぬ批判を受ける可能性も。。。

一方で、適切/不適切の判断は、
地域や文化によって大きく左右されることも事実です。

ユニバーサルでNGとされる表現とは。
その他固有の文脈で、誤解を招く表現とは。

グローバルにコミュニケーションを展開するにあたって
気を付けたいポイントを、環境や人権、多様性の観点から、
具体的な事例を元に考えます。

【日時】
第1回 6月27日(木)18時半~20時半
第2回 7月3日(木) 18時半~20時半

【場所】
都内会議室(参加者に追ってご連絡します)

【対象】
企業でサステナビリティコミュニケーションに携わるご担当者
(人数によっては上記に該当しない方のご参加も可能です。
まずはお問い合わせください。)

【人数】
10名程度
(同じ企業からのご参加は最大2名まででお願いいたします)

※最少開催人数:5名
(人数に達しなかった場合には、再調整いたします。
開催日2日前までに最終のご案内をします。)

【内容】
第1回
・海外で実際に問題になった事例を元に、
NGとなる基準についてディスカッションします

※自社の海外向けコミュニケーションツールをご持参ください
対象ツール:CSRレポート、アニュアルレポート、商品広告、
ウェブサイト、プロモーション映像など)

第2回
・各地域のガイドラインなどを元に、
コミュニケーションを考える上で気をつけるべき点を
議論し、アウトプットとして社内で共有いただける
チェックリスト・事例集を作成します。

※2回の議論を元に、最終的に実務で利用できる
 チェックリスト・事例集を作成することを考えています。

※ご参加にあたっては、
 実費として会場費/資料費を想定頂ければ幸いです。
(各回3000円程度)

【お申し込み先】
参加申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/19_7Kd1YQcLv9p4VX5jT3FXqBsBJD14R74aZvUhu6zec/viewform

またはメールにてお申し込みください。

問い合わせ:担当 野澤
nozawa@econetworks.jp

———–
件名:【イベント参加申し込み】

お名前:
ご所属:
メール:
電話:
ご関心:
———–

◆ENW Shared Interestプロジェクトとは
サステナビリティに関連して理解しておきたい
世界の最新テーマについて、
「関心」を共有する企業・個人が集まって取組む
短期の研究プロジェクトです。

———–

こちらは以前グリーンウォッシュをテーマに発表をした際の資料です。

【発表資料】グリーンウォッシュ from EcoNetworks
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する