アジア各地で続く最低賃金上昇・世界的には労働者への分配は減少傾向

2013 / 1 / 14 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

Salary
photo by jabberwocky381

タイでは今年1月から最低賃金が大幅に引き上げられ、
低賃金労働力に依存する産業界から反発があがる一方、
政府は貧富の格差是正が長期的な経済安定につながるとして、
議論が巻き起こっています。
http://mainichi.jp/select/news/20130112k0000e030191000c.html

その他にもベトナムやインドネシアなど、
各地で最低賃金引き上げの動きが続いています。

先月、国際労働機関(ILO)より発行された
「世界賃金報告2012/13年版」を見ると、
マクロなトレンドとしてどうなっているかがよくわかります。

Global Wage Report 2012-13
http://www.ilo.org/global/research/global-reports/global-wage-report/2012/lang–en/index.htm
http://www.ilo.org/public/japanese/region/asro/tokyo/new/2012.htm#99

●世界的に賃金は上昇しているものの、、
上昇率は経済危機以前の水準を下回っており、
月額でみた世界全体の実質平均賃金は
2007年に3%、2010年には2.1%、2011年には1.2%と鈍化傾向。

●過去10年間でほぼ3倍の賃金上昇を記録した中国を除くと、
この数値はさらに低くなる。

●一方で、労働生産性の上昇に比べると
賃金上昇の割合は低くなっている。
資本所有者への分配が増加し、
労働者への分け前がますます減少している傾向がみられる。

●先進国における、
1999年以降の労働生産性の伸びは賃金上昇の2倍。

米国では1980年頃と比べて、
農業以外の部門の時間当たり労働生産性は
約85%上昇していますが、
労働者の収入は35%程しか増えていない。

●多くの国で、国民所得に占める勤労所得の割合が低下。
これは需要の抑制や一般世帯の債務増加をもたらし、
経済の低下や公衆の不満が強まり、社会不安のリスクを高める。

報告書では、
輸出市場における競争力増強を目指した労働コストの圧縮は
各国レベルでは魅力的かもしれないが、
地球規模では持続不能であろうとし、
労働者の分け前の「底辺に向けた競争」を促進しないよう指摘しています。

働く貧困層(ワーキング・プア)に社会的保護を
提供する手段としての最低賃金。

ギリシャでは財政救済の条件として
最低賃金が22%引き下げられましたが、
ブラジルでは経済が悪化したときでさえも、
水準を高め続けています。

今後も各地で最低賃金引き上げの動きが続いていくことは
間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する