ゼネラルミルズのFacebookページが炎上! 盛り上がる反GMOキャンペーン

2012 / 12 / 10 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

ハーゲンダッツなどのブランドを展開する
米国食品大手のゼネラルミルズの
シリアルCherriosのFacebookページが、
反GMO(遺伝子組み換え作物)キャンペーンの
ターゲットとなっています。

Cherriosのページに行くと、

Cherrios
https://www.facebook.com/Cheerios

ファンからの投稿にはずらっとGMO反対のコメントが。

また最近までCherriosのイメージについて
2~3ワードでファンがコメントできるアプリがあったのですが、
GMO反対のメッセージで埋め尽くされたため、
アプリが削除されてしまいました。

きっかけとなったのは、カリフォルニア州で審議されていた
GMOのラべル表示を義務付ける法案
California Proposition 37」です。

反対51.5%、賛成48.5%の僅差で否決となったのですが、
法案反対へのロビイングにゼネラルミルズが
100万ドルを投じていたとして、
今回のキャンペーンが企画されました。

New “GMO Inside” Campaign denounces corporate disinformation campaign that defeated California’s Prop 37
http://www.greenamerica.org/about/newsroom/releases/2012-11-08-New-Green-America-GMO-Inside-Campaign-Denounces-Corporate-Disinformation-campaign-that-defeated-Californias-Prop-37.cfm

特に子どもの健康への影響を懸念する
お母さんたちからのコメントが目立ちます。

このような生活者からの声にどのように対応するか、
今後の同社の対応を注視しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加