企業も、市も、米空軍も 米国の再生可能エネルギー導入ランキング

2012 / 3 / 30 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

毎年Green Power Partnershipから、
米国内で再生可能エネルギー導入量の多い
団体のランキングが発表されています。

Green Power Partnership
http://www.epa.gov/greenpower/toplists/index.htm

Green Power Partnershipは、米国環境保護庁(EPA)
が再生可能エネルギーの普及に向けて展開しているプログラムです。
Fortune500の大企業から地方自治体、連邦政府機関、
中小企業、大学など、多様な主体と連携しながら、
再生可能エネルギーの導入拡大を促す取り組みを展開しています。

このランキングで対象となるのは
1)グリーン電力証書
2)自家発電
3)再生可能エネルギーによる電気・ガス・水道供給
の3種類。

トップ50を見てみると、

1位はインテル(Intel)。
エネルギー使用量の88%が再生可能エネルギーとなっています。

2位コールズデパートメントストア(Kohl’s Department Stores)
3位ウォルマート(Walmart)
4位ホールフーズ(Whole Foods Market)
5位ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson)

その他に企業ではスターバックスやHSBCなどが
ランクインしています。

地方自治体では、6位ヒューストン市(Houston)、
8位オースチン市(Austin)、13位ダラス市(Dallas)がランクイン。
いずれも再生可能エネルギーに積極的に取り組んでいる
テキサス州に位置する市です。

16位には米空軍。
意外に思われるかもしれませんが、
米空軍はエネルギー使用量に占める割合を
現在の3%から2016年までに27%にまで
高める目標を打ち出しています。

再生可能エネルギーの普及拡大に
(米空軍の取り組みが象徴していますが、生き残りのための競争でもあります)
多様な主体がダイナミックに取り組んでいることが伺えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する