アフリカ大手銀行エコバンク 赤道原則を採択

2012 / 1 / 25 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

Signature
photo by Benko Zsolt Photography

アフリカの大手銀行エコバンクが
赤道原則を採択しました。

Ecobank Applies Equator Principles to its Pan-African Project Finance Activities
http://www.equator-principles.com/index.php/all-adoption/adoption-news-by-year/87-adoption-2012-adoption-2012/257-ecobank-adopts

赤道原則とは、
開発などに伴う環境負荷を回避・軽減するために
プロジェクトファイナンスにおける
環境と社会のリスクを特定、評価、管理することを目的に
金融業界が独自に設定した行動原則です。

これにより、同社は事業を展開しているアフリカ30カ国の
全関連部門でこの原則を適用することになります。

具体的には、
総コストが1,000万米ドルを上回る
プロジェクトファイナンスに適用され、
借り手がこの原則に示された環境と社会に関する基準を遵守できない、
あるいはする意思のないプロジェクトには
融資を提供しないことを約束します。

南アフリカのNedbankが2005年にアフリカの銀行として初めて採択し、
2012年1月時点で採択企業73社のうち
8社がアフリカの銀行です。
http://www.equator-principles.com/index.php/members-reporting/members-and-reporting

注目されることが少ないアフリカの企業ですが、
たとえば統合レポートの分野では南アフリカの企業は先端を行ったりするなど、
まだあまり知られていない側面をこれからお伝えしていければと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する