人権デュー・ディリジェンスとは

2011 / 11 / 4 | 執筆者:koba

「人権」は私を含め日本人にとってはわかりにくいコンセプトですが、いまCSRの分野で改めて注目されています。

背景にあるのは、昨年発行されたISO26000や、今年改訂されたOECD多国籍企業指針。

直接自らが人権侵害を行わなくても、取引先、そのまた先の取引先の行動も含めて(これをバリューチェーンといいます)結果的に「加担」してはならないことが強く打ち出されています。

自社は法律的には問題がなくても、結果的に取引先に問題があった場合どうなるか。その場合でも責任がある、というのが「加担」の考え方です。

企業がM&Aなどを行うときに、相手先の財務状況を事前に精査することをデュー・ディリジェンスといいますが、

これからは、M&Aはもちろん、商取引先の選定についても、人権の面から問題がないかを事前に精査する「人権デュー・ディリジェンス」が求められるともいわれています。

「人権侵害」というとおおごとですが、資源の調達や働く環境などにおいて「人間が苦しい状況におかえれている」ことについて、(今までのように)無関心ではいけない、ということなのかもしれません。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する