企業の水リスク・機会を評価するツール Ceres Aqua Gauge

2011 / 11 / 4 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

drought
photo by IRRI Images

オーストラリアやタイの大洪水。
ロシアや中国の干ばつ。

各地で頻発している洪水や干ばつが、
様々な業種の企業に深刻な影響をもたらしています。

企業だけでなく、投資家も水に対する危機認識を高めており、

・米国で企業に水に関する情報開示を求める株主決議が増加
・ノルウェー中央銀行やオランドのロベコといった
機関投資家が水に関する評価を投資ポートフォリオに組み入れ

といった動きが見られています。

今回、投資家や環境団体からなるCeres(セリーズ)から
発表されたCeres Aqua Gaugeは、
企業の水に関するリスクや機会を評価するツールとして
開発されました。


© Ceres Aqua Gauge

「計測」
「ガバナンスとマネジメント」
「ステークホルダー・エンゲージメント」
「透明性と情報開示」
の4つの分野で構成され、
企業の水マネジメントを支援し、
投資家が企業の水に関する戦略やリスクを
評価できるようになっています。

今後水に関するリスクがますます高まっていくなか、
このようなツールに対するニーズも増えていくことが予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加