サステナブル・ライフスタイルに関する若者の意識は?

2011 / 6 / 17 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

UNEPが2008年から取り組んでいた
「サステナブル・ライフスタイルに関するグローバル調査」の
和訳版が国立環境研究所と電通から発表されました。

「サステナブル・ライフスタイルに関するグローバル調査(Global Survey on Sustainable Lifestyles)」
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2011/20110615/20110615.html

サステナブル・ライフスタイルを実現するための有効な
政策、コミュニケーション、各種イニシアチブの実施を
支援することを目的に、若者の日々の生活の捉え方や
抱いているビジョン、「変化」するための役割に対する
考え方を探っています。

対象となったのは世界20カ国、18歳~35歳の8000人の若者。
その多くは大都市に居住する比較的裕福な層です。

主な調査結果としては以下の通り。

●貧困と環境悪化が世界で最も重要な世界問題。

●サステナブルな社会とは何か、地域および個人レベルでは
何を意味するのか、という全体的、実際的で、説得力のある
ビジョンが欠けている。

●調査に参加した若者は自分たちの生活に十分に満足。
しかし、大きな危機にたびたび見舞われているため、
強い不安を示し、経済、社会、個人、環境の
すべての面において安心感を求めている。

また、ライフスタイルの主要な側面である
「モビリティ(移動性)」「食」「家事」について、
日々の暮らしに取り入られる地域レベルでの選択肢を
手軽な「クイック」、学びながら進化する「スロー」、
互いに助け合って解決する「共同」の3方向で提案したところ、

life_research.jpg
Visions for Change 変化へのビジョン」より

いずれも「スロー」の解決策が選ばれ、
誰でも暮らしに取り入れることのでき、
学習の効果が期待されるシナリオの受容性が高いという結果がでました。

この調査、私自身も回答者として参加しましたが、
未来の変化に対する自分自身の役割を
再認識するいい機会でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する