Levi Strauss 世界中でボランティアに取り組むGlobal Day of Service

2011 / 6 / 7 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

fat jeans skinny jeans...
photo by mbtrama

ジーンズで知られているリーバイ・ストラウス(Levi Strauss & Co.)。
同社は持続可能な綿花栽培に取り組む
Better Cotton Initiativeに参加するなどの活動を展開しています。

先月5日には、Global Day of Serviceの
一環として従業員が世界中でボランティアに参加しました。

Thousands of Levi Strauss & Co. Employees Around the World Volunteer in Global Day of Service
http://levistrauss.com/news/press-releases/thousands-levi-strauss-co-employees-around-world-volunteer-global-day-service

当日は米国、中国、ブラジル、ドミニカ共和国など、
30カ国130のコミュニティで、数千人が仕事を休んで参加。

同社の重点課題である持続可能性、
公平性、HIV/AIDSに取り組むNPOでボランティアに励みました。
そのなかでも今年の大きなテーマは水問題。
CEOもベトナムでの水源保全活動に参加しています。

その他にも
・サンプル品など5000着の未使用ジーンズのリサイクル
・昨年実施したオゾンを排出しない衣類乾燥
アイデアコンテスト受賞作の制作・提供
・点滴灌漑の設置や低所得者層の女性起業家の支援

など、活動内容は様々です。

私たちENWでも昨年Earth Lunch Hourの企画を
ご支援しましたが、同様の従業員参加型の
グローバルキャンペーンを企画する目的としては、
大きく3点が挙げられます。

1.イシューへのコミットメントの姿勢を伝える
2.従業員の一体感を醸成する
3.話題性をつくる

目的の優先順位によって、
参加のハードル、お祭り感、パートナーの選定、
成果の指標や外部への発信など、
キャンペーンの組み立ても変わってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する