IBM100歳に向けて 従業員のボランティアを後押し

2011 / 6 / 9 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

6月11日に操業100年を迎えるIBM。
100周年に向けて様々なプロジェクトを展開しています。

IBM at 100
http://www.ibm.com/ibm100/us/en/

メモ帳やTシャツなどのグッズや
歴史を紹介するショートフィルムを作成したり、
本を出版したり、100の革新的なできごとをアイコンと記事で紹介したり。。。

そのうちの1つが、従業員・退職者による
ボランティアプログラム’Celebration of Service’です。
http://www.ibm.com/ibm100/us/en/service/

これまでにも、同社は従業員・退職者に対し
ボランティアに関するノウハウを共有する
オンライン・コミュニティを構築し、
ボランティア活動を促してきました。

今回は一般の人たちに対してもボランティアを呼びかけ、
教育素材などのツールキットを多言語で提供。
ウェブ上で寄せられたボランティア宣言では、
世界各地の人がボランティアに228万時間を提供することを
宣言しています。

また新たに500~100000ドルの3種類の助成金を用意し、
従業員がボランティアを行った団体などに寄付。

同社は全世界で毎週20000時間以上を
ボランティア活動やスキルの無償提供に充てています。

window.EDGESTYLES=(window.EDGESTYLES)?window.EDGESTYLES:[];EDGESTYLES.push(‘IBMEdge_space=edgeWidget972;IBMEdge_height=200;IBMEdge_width=300;IBMEdge_headerTextColor=#333333;IBMEdge_headerBgColor=#efefef;IBMEdge_bodyTextColor=#000000;IBMEdge_bodyBgColor=#FFFFFF;IBMEdge_xmlconfig=//www.ibm.com/ibm100/us/en/icons/edge/972.json’);//IBM’s Icons of Progress

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する