動物と人間の交差点をデザインする建築コンペ

2010 / 12 / 24 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

"Wildlife crossing" Canada 2006
Photo by gripso_banana_prune

米国コロラド州で、動物と人間の交差点を
デザインする建築コンペが行われています。

the International Wildlife Crossing Infrastructure Design Competition
http://www.arc-competition.com/welcome.php

テーマは

「高速道路を野生動物が安全に横切る地上の横断歩道」

高速道路の建設により、動物の生息域が
分断されてしまうことが大きな問題となっています。

また米国では野生動物との衝突事故が
過去15年で50%増加しており、
年間8兆円の損失となっています。

これまでも動物の移動ルートを確保する試みは
各地で行われていますが、地下を通るものなどが多く、
一部の動物にとっては使いにくいものとなっていました。

今回、地上の設置を条件とし、
また自然条件が厳しい地域を設置場所とすることで、
他の場所でも適応できるような
優秀なアイデアが集まることが期待されています。

9カ国36チームの応募の中から、
すでに5チームがファイナリストとして選出。
1月に優勝者が発表されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する