母となって、働くことを考える NECワーキングマザーサロン

2010 / 11 / 18 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

NPO法人マドレボニータとNEC社会貢献室が
協働して取り組む、NECワーキングマザーサロン。

育児休業中または求職中である母親の
社会復帰をサポートするサロン形式のワークショップを、
6月から11月いっぱいまで開催しています。

wms_bana_319_113.gif
NECワーキングマザーサロン
http://blog.canpan.info/wms/
http://www.nec.co.jp/press/ja/1006/0401.html

出産後の女性が、職場復帰や再就職するにあたっては
労働条件など様々な課題が存在しています。

「出産後の女性の約6割が心身の健康に不安を感じている」
(NPO法人マドレボニータ産後白書)
というデータもあります。

サロンの場では、一般公募で集まったボランティアの
「ファシリテーター」が中心となって、マドレボニータ考案によるワークを実施。

参加者自身が“母となってはたらくこと”をテーマに自分に向きあい、
抱えている悩みや不安のの自己解決をサポートします。

2011年には、サロンでのアンケートを取りまとめた
「ワーキングマザー白書(仮)」が発表されます。

ENWにもワーキングマザー・ワーキングファザーが多く、
色んな話を聞くことができるので、
自分自身が将来の働き方を考える上でとても参考になります。

将来のワーキングマザー・ワーキングファザーを対象にした
働き方を考えるワークショップ、是非やってみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加