ミニストップが扱うアジア初フェアトレード認証バナナ

2010 / 11 / 15 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

Photoshopping
photo by Lili Vieira de Carvalho

アジアで初めてフェアトレード認証を受けたバナナの
販売がミニストップで始まります。

アジアで初めて
フェアトレード認証を受けた「バナナ」新発売!
http://www.ministop.co.jp/company/newsrelease/download_pdf.asp?ID=407

フィリピン・ミンダナオ島で栽培された、
ヨシダファームのバナナ。
日本からの移民だったファームオーナーの
お祖父さんの苗字がファーム名の由来だそうです。

ミニストップではその他にも
コーヒー、チョコ、マンゴーといったフェアトレード商品を
取り扱っています。

海外ではココア農家の支援に、
英国の菓子大手Cadbury(キャドバリー)が積極的に取り組んでいます。

Cadbury Cocoa Partnership
http://collaboration.cadbury.com/ourresponsibilities/cadburycocoapartnership/Pages/cadburycocoapartnership.aspx

Cadbury Cocoa Partnershipはココアの持続可能な生産・消費を目指し、
ガーナやインド、インドネシア、カリブ諸国のココア生産農家を
UNDPや現地NGOとの協力により支援。

・生産量や品質向上にココア農家の生計向上
・マイクロファイナンス等の支援による新しい収入源の創出
・安全な飲料水の確保などのコミュニティ開発投資
・農家、政府、NGOとのパートナーシップ
が4つの取り組みテーマです。

生態系の原則に沿った経済作りを考える視点として、
特定の農産物や生物にフォーカスした取り組み事例を
追っていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加