EU2020年目標に向けた企業イニシアチブ発足

2010 / 11 / 24 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

EUは2020年に向けた成長戦略”Europe 2020″において、
Smart・Sustainable・Inclusiveの3つの成長と、
雇用・イノベーション・気候変動・教育・貧困に
関する5つの目標を設定しています。

Europe 2020
http://ec.europa.eu/europe2020/index_en.htm

この目標を達成すべく、先月末、企業によるイニシアチブ
“Enterprise 2020 initiative”が発足しました。

Global companies launch Enterprise 2020 initiative to build the responsible enterprise of the future
http://www.csreurope.org/press_releases.php?action=show_press_release&press_id=33

70のグローバル企業、27の欧州のビジネス協会、
CSR Europeの全てのメンバーが参加。

-変化する市場
-排除・孤立しない社会(インクルージブ・ソサイエティ)
-健康・福祉
-信頼のための透明性

の4つのテーマごとに、企業や政府、研究機関、
市民社会などのステークホルダーが協働で
リーダーシップや実用的なツールの開発に取り組みます。

IBM・ヨーロッパ会長Harry van Dorenmalen氏の言葉が印象的です。

国際市場、人口構成、自然資源の欠乏、技術開発。
2020年におけるビジネス環境は
今とは全く違った状態になっている。

これを機会とし、持続可能な未来のため
社会的・経済的に成長していくためには、
業種やセクターを超えたパートナーシップが必要である。

どんな成果が出てくるのか、今後の成果に注目です。

(日本語)
http://www.csreurope.org/data/files/enterprise2020/enterprise2020jp.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加