NEC版プロボノ 中間発表終了

2010 / 10 / 29 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

NECのプロボノによる取り組みが着々と形になっています。

NECは今年4月、国内企業では初となる
社員のプロフェッショナルスキルを活用した社会貢献活動
「NEC社会起業塾ビジネスサポーター(NEC版プロボノ)」
をスタートしました。

「NEC社会起業塾ビジネスサポーター(NEC版プロボノ)」
http://www.nec.co.jp/community/ja/social/business_supporter.html

NEC版プロボノでは、有志社員がチームを組み、
半年間をかけて支援先の課題解決に取り組みます。

対象は、「NEC社会起業塾」の卒業生2団体。

ケアプロ株式会社(事業内容:ワンコインによる血液検査事業)
株式会社オリザ(事業内容:高収益アグリビジネスを開発する事業)

現時点では中間提案までを終えた段階で、
年内の納品に向けてプロジェクトが進んでいます。

社員の社会変革の現場への参画により、
生活者視点からの感覚を磨き、
新プロダクトや新サービスを創出する。

従業員のモチベーション向上への効果とともに、
成果を見極めていきたいポイントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する