Dow Corning、現地ニーズ発掘にインドへ社員をボランティア派遣

2010 / 10 / 22 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

先月13日、世界中から集められたDow Corningの社員10人が
インドのバンガロールにボランティアに出発しました。

同社がスタートした新しいプログラム
Citizen Service Corpsの一環です。

Citizen Service Corps
http://www.dowcorning.com/content/about/aboutcitizen/default.aspx?WT.dn=dowcorning.com/citizenservicecorps&bhcp=1

途上国でのボランティアを通じて地域のコミュニティに貢献しながら、
現地での体験を通じて現場のニーズを把握することを
目指すプログラムです。

派遣先は環境に害の少ない調理ストーブや
再生可能エネルギー製品の普及などの
ソーシャルビジネス・BOPビジネスに取り組む以下の3団体。

The Technology Informatics Design Endeavor
Envirofit India
Ashoka

滞在期間は1ヶ月。

Living Laboratoryと称して、
現地から新しいイノベーションを考えるこのプログラム。

どんな成果に結び付くのか、注目です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する