働く場所と時間はもっと自由になる

2010 / 9 / 14 | 執筆者:koba

エコネットワークスが大事にする
幹の考え方の一つに、
「サステナブルな働き方」があります。

私は、働く人は、基本的にオフィスという
物理的な場に縛られる必要がなくなったらいいなと考えています。

これまでは、
会社が、
「あなたはここで何時から何時まで働くのです」
と、働き手の場所や時間を規定していたのですが、

これからは、
自分の一日をデザインしていく
「自由度」が増えていくのではないか。

そうすると、
「仕事」と「家庭」、「地域」、
「社会」との距離がもっともっと
近くなっていって、
色々な知恵や想いが解け合って、
世の中が面白いことになっていくのではないか。

そんな風に考えています。

IBMは、2017年までに40万人の正社員を10万人まで減らして、
残りの従業員は必要に応じてプロジェクトベースの契約で「クラウドソーシング」することを検討しているそうです。
http://bit.ly/b8wWFP

30万人の方は、どんな働き方になっていくのでしょうね。

一日中会社にいなくていいわけですから、
自由にやっていいわけです。

・自宅オフィス

・share オフィス(コ・ワーキングスペース)

・お気に入りのカフェ(複数!)

・バーチャル・オフィス(クラウド・ネットワーク)

などなど、

複数の「拠点」や「場」を組み合わせて、
集中して、また刺激を受けながら
仕事をする環境を自らつくっていくことに
なるのでしょう。

会社は、いよいよ「ビル」ではなくなり、
人が集い価値を生み出す「場」としての磁力そのもの
になるのではないでしょうか。

エコネットワークスは、こういう働き方を
先取りする方々と一緒になって、
面白い「場」をつくっていきたいと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する