CSR Europe 高齢者の積極活用を提言

2010 / 9 / 9 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

CO: Colorado Alliance for Retired Americans hard at work

高齢化社会に直面している日本において、
職場での高齢者の活用は重要テーマですが、
EUにおいても見過ごせないテーマになっています。

約100の企業・団体が参加するEUのCSRネットワークCSR Europeが、
EU各国の企業・政策決定者に向けて
「Active Age Management in workplace」
(職場での高齢者の積極活用)
を提言しています。

http://www.csreurope.org/press_releases.php?action=show_press_release&press_id=30

EUの人口は2025年には5人に1人が65歳以上となる一方で、
60歳の半数は職についていません。

上記の提言は、Johnson&Johnsonを中心に、
BASFやDow、Volkswagenなどによるワーキンググループの
高齢者雇用の課題やベストプラクティス、政策提言などの
2年間の研究に基づいたもの。

企業による高齢者雇用の事例や、
生涯福祉に関する企業方針を実施するためのノウハウ、
高齢者雇用を促進するためのEUの法律体系の提言を取りまとています。

現状、EU加盟国によって
年金体系や定年、再雇用の仕組みが異なるため、
EU全体での統一した基準策定が課題となっているようです。

「定年」に対する考え方が日本とはそもそも異なる文化の中で、
どのように高齢者自身の意識を変えていくかも含め、
多くの課題がありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する