コーズ・マーケティングを広めるメディア活用

2010 / 9 / 13 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

エコネットワークスが今年新しく取り組んでいる
テーマの1つにコーズ・マーケティングがあります。

国内外の事例をみていく際のポイントとして、
コーズの親和性や共感を呼ぶストーリー、目標設定などありますが、
最近ではソーシャル・メディアの活用にも注目しています。

よくあるのは、「つぶやくことで1円を寄付」
できるツイッター募金でしょうか。
http://www.dff.jp/twit_donation

すでに4年目を迎えるボルヴィックの
「1ℓ for 10ℓ」プログラムは、今年新たな施策として
公式アカウント@1Lfor10Lをフォローすると
10ℓの水が寄付される仕組みを導入しました。

1lfor10l.jpg

海外の事例では、たとえばトイザラスが
facebookのファンになると1ドルを
The Marine Toys for Tots Foundationに寄付するキャンペーンを展開。

クリスマスに恵まれな子どもたちにプレゼントを渡す活動をして
Shaq-A-Clausと呼ばれている
元NBAのShaquille O’Neal選手を広告塔に迎えることで、
20,000人のファンが445,000人にまで増え、
コーズマーケティングに関する賞も受賞しています。

他にも

The Bread Art Project
http://www.breadartproject.com/#/home
ウェブ上で食パンに絵を書いて応募すると1枚につき1ドル寄付

など、色々盛り上がっている事例があります。

米国の調査会社Coneが発表した非営利マーケティングに関する調査によると、

2010 Cone Nonprofit Marketing Trend Tracker
http://www.coneinc.com/2010-cone-nonprofit-marketing-trend-tracker

社会的な話題の認知には、
ブログ・ソーシャルメディアなどのニューメディアだけでなく、
新聞や雑誌をはじめとする既存のメディアが
まだまだ有効であるとの結果を報告しています。

CRMの設計には各種メディアの効果的な組み合わせが求められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する