アジア式CSR基準作りに向けて 中日CSR研究会

2010 / 9 / 21 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

CHF Conference Center, Philadelphia: Garden Room 2

上海で行われた第2回中日CSR研究会において、
アジア独自のCSR基準作りの検討が進められているようです。

人民網:中日企业研讨社会责任 着手制订CSR亚洲版标准
http://world.people.com.cn/GB/41217/12737184.html

こちらの会議は上海市公共関係研究院と
上海実践企業社会責任推進センターが主催で、
CBCCが今年1月に訪問した会議とは別物?のようです。
http://www.keidanren.or.jp/CBCC/report.html

記事によると、
現在の中国におけるCSR基準のほとんどは、
米国やEUの基準を輸入したもの。
西洋の基準に則って作られたものであることに対して、
中国側には大きな課題意識があるようです。

日本が独自に発展させてきた「日本式CSR基準」を参考にしつつ、
アジア企業を対象とした「アジア式CSR基準」作りを
喫緊の課題として共同で取り組んでいくとのこと。

中国で有識者に話を聞いた際にも、
「localize」の重要性を強く訴えていました。

アジアといっても広いので、必ずしも一括りにできるとは限りませんが、
まずは日中で共通の基準作りを期待します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する