コワーキング・スペース 日本でも続々

2010 / 8 / 25 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

PAD 2007 - 121: Shared Office of a Silicon Valley Grunt

バーチャルな働き方をベースとしている
エコネットワークスで、最近注目している動きが
コワーキングの考え方です。

フリーランスを中心に、
様々な業種の人たちがオフィスを共同で利用し、
積極的にコミュニケーションを図ることで、
多様なコラボレーションや新しい価値を創出することを
目指す考え方です。

国内でも続々とコワーキング・スペースがオープンしています。

神戸
http://cahootz.jp/
世田谷区 経堂
http://pax.coworking.jp/

エコネットワークスの基本的な考え方は、

志を同じくする各分野のスペシャリストである「個」が、
自律的に協調しあうことで、自らが成長し、
クライアントに新たな付加価値を提供する.。

そのための場として、「オフィス」ではなく
「共有空間」こそが重要なのではないかと、最近強く思います。
(なぜか、というのはただ今整理中のためまた改めて。。。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する