モルガン・スタンレーのプロボノ支援

2010 / 6 / 29 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

金融大手のモルガン・スタンレーが主催する
Social Enterprise Strategy Challengeというプロボノプログラムがあります。

2009年から始まり、今年で2回目の開催です。

同社の社員が持っている能力や情熱を
コミュニティに最もよい形で還すことを目指すこのプログラム。

同社の有志社員がチームを組み、NPO団体に対して
無報酬で活動へのアドバイスを行います。

対象となるNPOは、米国で活動する
教育分野、環境分野などの12団体。

チームは8週間をかけ、その団体の財務状況やビジネスモデル、
活動の地理的範囲の拡大などについて分析を行い、
提案をまとめます。

提案はモルガン・スタンレーが主催するSocial
Enterprise Strategy Challengeの場で発表され、
優勝チームには最優秀プロボノ戦略アドバイザーの称号が、
優勝NPOには助成金がそれぞれ付与されます。

第1回のプログラムでは、2500時間にあたる
労働時間が無償でNPOに提供されました。
(市場価値換算で38万5000ドル相当)

賞を設けて活動を活性化させる手法は一般的ですが、
“the best pro-bono strategic advisors”の称号、
プロボノであること、社会的に意義あることが
より一層意識の高い従業員のモチベーションを高めているといえそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する