ミレニアルズ世代へのフィードバックのコツ

2009 / 11 / 4 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

Wall Street Journalに、ミレニアルズ世代の従業員は
これまでの世代に比べて「フィードバックを求める姿勢が異なる」
という記事がありました。

Employers Rethink How They Give Feedback
http://online.wsj.com/article/SB122385967800027549.html

―半年ごとのレビューを待つのではなく、すぐにマネジャーに質問をする。

上記はミレニアルズ世代の特徴的な行動と言えそうです。

他の世代に比べ、自らの要求を声に出し、
よりオンタイムでのフィードバックを求める。

ソーシャル・メディアを使いこなす彼らにとって、
それは当り前の行動。

IBMでは、ミレニアルズ世代にフィードバックする際のTIPSとして、
以下を挙げています。

・驚きを避ける
年間レビューを待たない
・明確に
特に初めての仕事の場合、期待を明確にする
・聞く
いい点は何か聞く。対話を促進のため、答えを絞り込んでいく質問をする。
・ゆるく
ミレニアルズ世代はIM(インスタント・メッセージ)などの非公式な場を好む。
・反映する
ミレニアルズ世代から逆に学んだことを伝える。
・準備をする
フィードバックの時間をより建設的な場にする。

私もかなり共感するところがあります。

短期的な視点でのフィードバックと、
中長期的な視点でのフィードバック。

その組み合わせと方法がミレニアルズ世代の力を伸ばす
鍵といえそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する