働き方を考えるキャンペーン「時間を取り戻せ」

2009 / 10 / 6 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

北米発の面白いキャンペーンをみつけました。

「Take Back Your Time」キャンペーン
http://timeday.org/

「Take Back Your Time(時間を取り戻せ)」キャンペーンは、
米国・カナダ発祥の、「時間の貧困」と戦うチャレンジです。

キャンペーンでは、「時間の貧困」を、
過重労働、過剰スケジュール、時間不足が
社会に蔓延している状態と定義されています。

キャンペーンでは、強制的な休暇制度の導入と、
時間生産性が評価される体系作りを推進しています。

今年は10月24日に開催され、テーマは「Chill out!(落ち着け!)」。
過剰な労働と過剰な消費を落ち着かせ、
地球にとっても、個人にとっても、より健康で幸せな状態になることを目指しています。

「働き方」の問題が、個人と地球の健康、
両方の文脈で語られている点が興味深いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加