航空業界 2050年までに50%減を宣言

2009 / 10 / 14 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

先月22日に行われた気候変動サミットで、
国際航空運送協会IATA
(International Air Transporatation Association)は
2050年までにCO2排出量を05年比で50%カットすると発表しました。

Aviation Presents Climate Change Plan to the UN
http://www.iata.org/pressroom/pr/2009-10-13-01.htm

airplane.jpg
あわせて、以下の目標も発表しています。
・2020年までに全産業成長をカーボン・ニュートラルに
・今後10年間CO2排出量を毎年1.5%削減

IATAは230の航空会社からなり、
国際便の93%をカバーします。

航空業界は、全世界のCO2排出量の1.6%を占めており、
年末に行われるCOP15で議論になる前に、
自ら戦略的に宣言を出したといえそうです。

国際民間航空機関ICAOによるワーキングペーパーはこちら。
HIGH-LEVEL MEETING ON INTERNATIONAL AVIATION AND CLIMATE CHANGE
http://www.icao.int/HighLevel2009/Docs/HLMENV_WP019_en.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加