好調なマークス&スペンサーのサステナビリティ戦略

2009 / 6 / 7 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

英国の小売大手マークス&スペンサー(M&S)は
“Plan A”という100のコミットメントからなる
サステナビリティ戦略に2007年から取組んでいます。

Plan Aという名称ですが、
もはやPlan Bというシナリオは存在せず、
今すぐに取り組む必要があるという
同社の危機感・強い意志を表しています。

2007年1月、M&SはPlan Aのために
5年間で2億ユーロを投資することを発表しました。

最新のCSRレポートによると、
すでに取り組みの推進による投資額相当のコストカットが
実現できたと発表しています。
M&S.jpg
How We Do Business Report 2009
http://corporate.marksandspencer.com/file.axd?pointerid=f3ccae91d1d348ff8f523ab8afe9d8a8&versionid=fbb46819901a428ca70ecf5a44aa8ddc

プログラム開始から2年が経ち、100の内39の目標を既に達成。
24の目標についてはより高い目標に修正しています。

M&Sは「イギリス消費者が選ぶ最も信頼できる企業」
(Global Reputation Pulse Reports)
2009年第1位や、オルタナ「環境・CSR経営世界ベスト77企業」
にも選ばれ、エコ・ブランド企業として
高い評価を受けています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する