「多様性の中の統合」を阻む言語の壁

2009 / 1 / 24 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

国連には、英語・中国語・フランス語・スペイン語・
アラビア語・ロシア語の6つの公用語があります。
加盟国は192カ国。

一方でEUには現在27カ国が加盟しています。
認められている公用語は、23。

「多様性の中の統合(United in Diversity)」がEUの掲げるスローガンであり、
互いの差異の尊重を実現していこうとしています。
しかし、言葉の違いは大きな壁。

その問題を克服するため、EUではなんと、
4000人もの通訳・翻訳者が働いています。

europe 2009年冬号「EUを動かす人々」
http://www.deljpn.ec.europa.eu/data/current/europe2009winter11.pdf

多様性を推進する上で、言語は大きな壁です。

日本企業でダイバーシティを推進していくために
外国人比率を高める場合にも、言語が大きな壁になります。

社内会議の英語化などで対策を測っているところもありますが、
効率が落ちるなど、必ずしもうまくいくものではありません。

強制的に国籍多様な環境を作り出しているところもあります。

伊藤忠は2009年度末までに、全ての営業部門に
現地採用の優秀な外国籍社員を受け入れることを決定しました。

ダイヤモンド・オンライン「本社で外国人社員に総合商社魂を叩き込む伊藤忠の裏事情」
http://diamond.jp/series/inside_e/09_01_16_001

政府の報告書では、経営に参画していく優秀な外国人の活用を
「高度な外国人参画」と位置づけ、積極的に推進しています。

「グローバル人材マネジメント研究会」報告書
http://www.meti.go.jp/press/20070524002/globaljinzai-houkokusho.pdf

私たちエコネットワークスでも、アメリカやカナダから
タイ、中国とネットワークスを世界に広げており、
多様なメンバーが集まることで、化学反応が起きやすい風土ができています。

私たち自身も、ダイバーシティ・マネジメントを実践していきたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する