EU-環境目標20-20-20

2009 / 1 / 22 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

これまでは企業の動きが中心でしたが、
少し話題を変えて、EUについてみてみたいと思います。

環境目標20-20-20

これは何かというと、エネルギーと気候変動戦略の一環として、
EUが掲げている2020年までの中期目標です。

・90年比で温室効果ガス20%削減
・最終エネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの割合を20%に
・エネルギー需要の20%削減

これに加えて、運輸部門でガソリンとディーゼルにおける
バイオ燃料の割合を10%に引き上げることを目指しています。
europe.jpg
europeの2009年冬号によると、目標実現のためにも、水素と燃料電池の
新たなエネルギー源の開発が不可欠。

現在、欧州はエネルギーの54%を輸入に頼っています。
昨今のロシア-ウクライナのガス問題からもわかるように、
エネルギー安全保障の観点からも、
早急にエネルギー政策の実現が求められます。

EU 新たなエネルギー政策パッケージ公表
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=19512&oversea=1

気候変動とエネルギー戦略は、EUの
持続可能な発展戦略(EU Sustainable Development Strategy
で7つの重点課題の1つとして挙げられています。

・気候変動とクリーン・エネルギー
・持続可能な交通
・持続可能な消費と生産
・自然資源の保存と管理
・公共衛生
・ソーシャル・インクリュージョン、人口、移民
・国際的な貧困と持続可能な発展

日本のエネルギー自給率はわずか4%(原子力を国産エネルギーとしても18%)で、
エネルギー消費量は伸びる一方です。

日本でも早急なエネルギーの転換政策が求められます。

energy.png
出展:IEA,Energy Balances of OECD Countries 2003-2004 (2006 Edition)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する