グローバル100 今年の100社

2009 / 1 / 31 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

スイスのダボスで行われていた「世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)」において、
「世界で最も持続可能な100社(グローバル100)」が発表されました。

The Global Top 100
http://www.global100.org/2009/index.asp

グローバル100とは、環境・社会・ガバナンス(ESG)の
リスクと機会に対するマネジメントの度合いを評価し、
世界の1800社の大企業から100社を選出したリストです。

アメリカの調査会社のイノベスト社が、
2005年から毎年発表しています。

選出された企業は、100%持続可能であることを意味するわけではなく、
こうして持続可能性の分野において顕著な取り組みをしている
企業をリストアップすることで、全体としての枠組みを
作っていくことに目的があるようです。

「世界の持続可能な企業トップ100」を巡る論争
http://gpress.jp/csrnews/archives/2006/02/13-143354.php

今年、日本からは以下の15社が選ばれています。

・イオン
・ダイキン
・JR東日本
・ホンダ
・クラレ
・三菱重工
・日本郵船
・NTTデータ
・NTTドコモ
・パナソニック
・リコー
・積水化学
・損保ジャパン
・凸版印刷
・トヨタ

リコーは今年で5年連続の受賞になるそうです。
損保ジャパンは保険業界で初めての選出です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する