ホテルをエコにするためのガイドライン

2008 / 11 / 13 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

使い捨て歯ブラシ
毎日取りかえられるシーツにタオル
レストランから出る残飯

ホテル=「環境に優しい」
というイメージが必ずしもないですが、最近
ホテル業界でも環境への取り組みが盛んになっているようです。

この度、世界的なホテルグループである
Carlson Hotels Worldwideがホテルをエコにするためのガイドライン
“Practical Guide to Greening Your Hotel”
を発行しました。

Carlson Hotels Worldwide Launches “Green Guide” Foundational Tool for Global Environmental Sustainability Program
http://www.carlson.com/media/article.cfm?id=644&group=hotels

同ホテルの宿泊客を対象に行われた調査によると、
50%以上のお客さんが環境に優しい製品やサービスや、
ホテルの環境負荷を減らすプログラムへの参加を希望しているそうです。

上記のガイドラインでは、以下の点を主なポイントとして挙げています。
・廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)
・有害化学物質の削減
・エネルギーと水使用量の削減
・室内の空気環境の向上

東京のホテルニューオータニでは、夏休みに
「エコロジー施設見学ツアー」が行われています。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/07/25/tour/index.html

生ゴミのコンポストによる100%リサイクル、
厨房排水の再利用、屋上緑化のローズガーデンなど。

都内で3番目に水道消費が多い施設と指摘されたのが
取り組みのきっかけとのことです。

豪勢なホテルに泊まると、水の使い方など
ついつい感覚が贅沢意識になりがち。
環境負荷を気にせずにリラックスできる、
そんな空間にホテルがなれば素晴らしいですね。

hotel.jpg
日本のエコなホテル情報
http://www.ecochallenge.jp/
アメリカのエコなホテル情報
http://www.environmentallyfriendlyhotels.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する