「倫理的調達に関する報告書2008」

2008 / 7 / 27 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

先日、Intertek Sustainability Solutionsから、
「倫理的調達に関する報告書2008」というレポートが発行されました。
http://www.csrwire.com/News/12662.html

3月にNYで行われた「倫理的調達フォーラム」での意見交換を
中心にまとめられたものです。

主な要旨は、

・生産国におけるCSRへの関心の高まりが
倫理的調達の推進にポジティブな影響を与えている

・非現実的なバイヤー/サプライヤーの期待が
倫理的調達に関する議論をする際のマイナス要因となっている

・市民グループと企業の建設的な対話が、
相互理解とウィンーウィンな関係での問題改善に向けての
努力を促している

・多くの企業が、まだビジネスにおける倫理的調達や
CSRイニシアチヴの成果を測る指標を持っていない

など。報告書はこちらから購入できます。
http://guest.cvent.com/EVENTS/Info/Summary.aspx?e=eac6bbcd-338a-4ba7-84aa-1584a8cc8d4b

サプライチェーン、倫理的調達の議論は、
日本でもこれから更に注目されてくるでしょうし、
もっともっと盛り上がるべきだと思います。

例えば食品業界では、生産・流通・加工・小売など、
様々な業態の組織が集まり、
議論を進めていこうとしています。

フード・コミュニケーション・プロジェクト
http://www.food-communication-project.jp/index.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する