多様性の新しい視点-LGBT

2008 / 4 / 20 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

OutNowというコンサルティング会社をご存じでしょうか。

「同性愛者」をキーワードに、
広告戦略や従業員教育などのコンサルティングサービスを
提供している、オランダに事務所を置く企業です。
http://www.outnowconsulting.com/index.htm

ゲイやレズビアンの可処分所得は一般家庭に比べて、
高い傾向にあるそう。
子どもがおらず、養育費がかからない場合が
多いことが背景にあるようです。

その市場をターゲットに、
クライアントには大手企業の名前が並んでいます。
トヨタやソニーなど、日本企業の名前も。

まだ日本ではそこまで大きく議論されないこの問題ですが、
昨年には同性愛者であると公表した
元大阪府議の尾辻さんが同性結婚され話題になりました。

世界に目を向けると、
オランダやデンマーク、スペインなどで
同性結婚が法的に認められています。

これからは「多様性」のキーワードの中に、
LGTB(Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender)も1つのテーマとして
入ってくるようになるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する