編集者の顔が見えるレポート

2008 / 4 / 5 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

ステークホルダーとコミュニケーションを行っていく際、
組織に所属する「一人ひとりの顔」が見えるということは、
とても大切な要素だと思います。

レポートやCSRサイトなど、
コミュニケーションツールの作成・更新にあたっては、
実は様々な人が関わっています。

CSRレポートを1冊作るのに、編集チームだけで
20人~30人近くのメンバーになることもあります。

でもあの一冊からだけでは、
そこにどんな人が関わっているのか見えない。。。

と思っていたら、先日とある企業のCSRレポートサイトの編集方針に、
作成者の名前が載っているのを見つけました。
http://csr.mitsue.co.jp/about/index.html

ディレクター  ○○
ライター    ○○
デザイナー  ○○
検品      ○○

ほんのちょっとしたことですが、
すごく親近感が湧きました。

こちらのミツエーリンクスという会社は、
四半期で環境マネジメント報告を更新するなど、
とても特徴的な取り組みをしていて興味深いです。
http://csr.mitsue.co.jp/index.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する