バリューチェーンの「上流」と「下流」での削減~誰をパートナーとし、どう働きかけるか~

2010 / 6 / 10 | 執筆者:EcoNetworks

【第3弾】
バリューチェーンの「上流」と「下流」での削減~誰をパートナーとし、どう働きかけるか~

<サマリー>
●小売業・製造業の事例を分析し、インパクト・ゾーンにおける削減を進めるポイントを整理します。

●誰をパートナーとし、どう働きかけていくかを考えることが重要です。

●目標の打ち出し方や巻き込みの場作りといった視点が求められます。

<1.はじめに>

2050 年を視野に入れた、環境、持続可能性の分野での
中長期ビジョンに関する目標設定や指標づくりが世界的に進んでいます。

第1弾のレポートでは、中長期ビジョンのタイプと策定ステップ、
第2弾ではバリューチェーンの上流・下流における、
環境影響の大きな「インパクト・ゾーン」の考え方を取り上げてきました。

今回のレポートでは、インパクト・ゾーンでの環境影響の削減を進めるにあたって、
・誰をパートナーとし
・どう働きかけていくか
という点を、小売・製造業の事例分析から整理していきます。

vision_report.jpg
※レポートはこちらよりダウンロードできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加