責任の所属と裁量範囲の明確化

2011 / 8 / 3 | 執筆者:EcoNetworks

Kazane Working Man's Series Criteriums
photo by Team Traveller

「あれ、これ誰の担当だっけ」
「ちょっとPJリーダーの判断を仰ごう」

プロジェクトを進めていて、
進め方や判断に迷うことは多々あります。

オフィスにいると、PJリーダーの様子を伺って、
手が空いているときに「すみません・・・」とちょっと
席を立って聞きにいくことができます。

それぞれが今いるところで離れて働くチームの場合、

相手の様子を電話かメールで確認して、どこかで時間をもらって、
メールで事前に情報を共有して、考えていることを説明して、
判断を仰いで。。。

とすぐ近くにいる人に聞く場合と異なり、
物理的な距離もあるため、労力が必要で、
スピードも遅くなります。

そのため、いかに最初の段階で、
それぞれがどこまで裁量があるのかを
明確にすることが重要になってきます。

その範囲内のことはどんどん自分で進めて行き、
結果に対しても自分で責任を持つ。

「わからないことは聞く」。
これはもちろん大事なことなのですが、
どこまでを自分で進め、どこからを人に助言/判断をしてもらう、
という「線引きのセンス」ともいえる能力が必要になります。

チームがどれだけスムーズに動くかは、
チーム全体での役割分担の明確化と個々の判断・実行の質とスピードがカギになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加