「関心」を聞く

2013 / 4 / 7 | 執筆者:EcoNetworks

こんにちは、代表の小林です。

「このお仕事にご関心があれば、相談したい」
「このお仕事を発注したい」

この二つのいい方。
どのような違いがあるのでしょうか。

私たちは、
環境・サステナビリティ分野、
様々な文化や言語への関心がある「個」の集まりなのですが、
プロジェクトが発生し、チームができるとき、
「この社会的イシューや専門分野に、関心があるか」
はとても大切な要素です。

しかし、そもそも「関心」とは、どういったものなのでしょう。

「これに関心をもて」と、他人に強制することはできません。

それは個々のもつ何かから発するものですが、
自分は何に関心があるのか、
注意していないと気づけないこともあります。

つきつめると、「関心がある」「関心がない」のどちらかですが、
いまはなくても、後に芽生えることもあります。

「スキル」と比べるととても曖昧なものに見えます。
ただ、「今、関心がある」という事実は、「見逃せない」と私たちは考えています。

知識も、仲間も、プロジェクトも、
関心があって初めて広がっていきます。

自分の「関心」を満たすことができること。

そして、仕事を通じて、「関心」が広がっていく喜びを感じられること。

「個」として働く上で、
とても大事なことだと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加