資料・アイデアの持ち寄り方

2011 / 10 / 28 | 執筆者:EcoNetworks

My Document
photo by francescomucio

打ち合わせの前に慌てて資料を人数分コピーして配って。。。
という手間はスカイプ会議には必要ありません。

誰か1人がまとめて資料を準備する場合には、
・メールで送る
・オンラインドキュメントで共有
・スカイプで画面共有(2人まで)
・デスクトップ共有ツールを使って共有(3人以上)
といった方法を使い分けて、資料を共有します。

問題なのが、それぞれが資料やアイデアを持ち寄るようなケース。

メールで共有することもできなくはないのですが、
複数人から送られてくるメールに添付されているファイルを
1つ1つ開くのは手間な上、
どれを参照しているかわからなくなったりと混乱しがち。

そんなとき、以下のような基本的な方針を定めておくと効率が良くなります。
・参照する資料はできるだけ1カ所にまとめる(例:Dropboxのフォルダ)
・複数の資料を行ったり来たりしない
・同時に開く資料は2つまで

テキストベースであれば、1つのオンラインドキュメントに
それぞれが事前に書き込んでおくようにすると、
前の人のインプットを見て次に書く人がひらめいたりすることもあるので、
オススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加