職場に赤ちゃんを連れてくと・・・

2011 / 3 / 4 | 執筆者:EcoNetworks

Just grading some of Mama's students' lab reports
photo by redjar

少し古いのですが、英ガーディアンで面白い記事を見つけました。

Bringing in baby
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2008/apr/08/familyandrelationships.society

-育児休暇制度が整備されていない米国では、
職場に赤ちゃんを連れてくることを認める企業が
増えてきている-

ほんとにそれで仕事ができるの?
と半信半疑のお母さん・お父さん記者が、
実際に赤ちゃんを職場に連れてきた体験が
記事になっているのですが・・・

・30人の大事な会議で泣き始める
・オフィス内にsmell pollutionをまき散らす
・書類をやぶるのを手伝ってくれる
・Deliteキーの使い方を覚えたらもう大変

等々、てんやわんやであっという間に時間が過ぎていき、
終わるころにはどっと疲れているであろう
様子が想像されます。。。

「他の人の仕事を邪魔してしまうことが申し訳ない」

「洗濯物を干しながらお守りをするのと、
仕事をしながらお守をするのは全く違う」

今回体験した方は、職場に赤ちゃんを連れてくることには
否定的な見方をしています。

そのためにもバーチャル・ワークは有効。

と簡単には言いきれず、
赤ちゃんをヒザに載せてメールチェック、
なんて想像上ではできそうですが、

「子どもは全くこちらの思い通りにはならず実際にはとてもムリ。。。」

と以前あるお母さんが言っていました。

自分がまだもう少し先なので、それまでに
色々な先輩方から対処の仕方を学びたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加