更新情報」カテゴリーアーカイブ

【お知らせ】年末年始休業について


下記期間中、弊社の年末年始休業とさせていただきます。

12月27日(火)~1月4日(水)

なお期間中もe-mailによるお問合せは受付けておりますが、
弊社からのお返事は休業明け後の1月5日(木)以降に順時対応させていただきます。

何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

【8/10】ENW × JFS コラボイベント「カナダと日本、市民の力はどう違う?」

9 Site C protest camp
写真:バンクーバーでの市民運動の様子 By Randal Helten

様々な個がゆるやかにつながるチーム・サステナビリティに
関わりのあるパートナーの方をお招きして、
社会のこと、仕事のこと、生活のことをお聞きするENWカフェ。

今回は、持続可能で幸せな未来へ向かう日本の動きを世界に届けるNGO Japan for sustainability とのコラボレーションで実施します!

第5回目は、
カナダと日本で25年以上にわたって、「環境」や「食」に関わるNGO・市民活動に携わってきた日英翻訳者のRandy Heltenさんをお招きします。

現在、国際環境NGO FoE Japan の代表理事と、バンクーバーの「食」に関する市民団体”West End Neighbourhood Food Network”の代表を務めるほか、
ラジオ番組とブログで「都市開発と政治」についての情報発信を行うRandyさん。

「環境保全」や「食」に関するトピックをメインに
カナダと日本における市民活動の変遷や最新状況について語っていただきます。
サステナブルな社会実現のために「市民の力」が果たす役割についていっしょに考えてみませんか?

【日時・場所】
8/10(水)19:00-21:30 (18:45ドアオープン)
@日比谷図書文化館 小ホール
(霞ヶ関駅または内幸町駅より徒歩約3分)
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

【参加費】
1,000円

【イベントについて】
●形式
Randyさんからのお話+グループディスカッション 

●使用言語:英語
基本的に英語で進めますが
グループディスカッションの際に
簡単なサポートは可能ですので、必要な方はお知らせください。

●テーマ
(1)「食の安全」に関するバンクーバー市民の取り組み
――日本とカナダの「市民の力」はどこが違うのか?
(2)世界一グリーンな都市を目指すバンクーバー
――市の行動計画、先住民族、環境保全運動

※今回お話する市民の「食」への取り組み:
地産地消促進や、市民への「食」全般に関する啓発・教育、すべての人に栄養がある食品へのアクセスを提供する活動など

【お申し込み・お問い合わせ】
・お申し込みは、こちらのフォームまたはJFS meet upページからお願いします

・お問い合わせはこちらから

ENW cafe 過去の開催報告

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

【お知らせ】夏季休業のお知らせ

続きを読む

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

【6/11(土)】ENW cafe vol.4「多様性リテラシーを高める〜世界に通用する表現/しない表現勉強会〜」

米国のアパレル企業Gapが子ども服の宣伝のために作ったこの広告。
公開後、電話やネットで抗議の意見が殺到し
使用中止に至りました。

何が問題だったかわかりますか?

スクリーンショット 2016-05-10 18.18.19

・・・答えは、黒人の子どもの立ち位置と表情。
黒人が白人に押さえつけられているように見える、として炎上してしまったのです。

背景にあるのが、最近日本でも耳にするようになった「人権」や「多様性」といった視点。
宗教や文化、性的指向など、「違い」への配慮不足が
大きな問題に発展することがあります。

グローバル化やデジタル化によって
あらゆることが一瞬で世界に広がるいま、
「違い」を意識した表現の重要性は増しています。

そこで今回、米国飲料企業や国内食品企業のCM、
欧州の消費財メーカーの商品など、
人権や多様性の観点から問題になった事例を題材に、
「表現」の観点からそれぞれの概念を理解し
注意すべきポイントを学ぶ勉強会を開催します。

【日時・場所】
6/11(土)14:00〜16:00
@東京都千代田区内神田2−2−5 光正ビル5階 SPACE BRIDD大手町 「Break & Theater」

【参加費】
1,000円

【内容】
・ジェンダーや性的マイノリティから、障がい者や子ども、人種、文化、宗教、倫理まで、国内外で問題となった数十の事例を共有します
・問題となった点や背景にある社会課題の状況、発信主体の対応についてディスカッションをしながら理解を深めます

過去の勉強会開催事例はこちらからご覧になれます。

【お申し込み・お問い合わせ】
お申し込みは、こちらのフォームから
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ENW cafe 過去の開催報告

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

経営体制移行のお知らせ

エコネットワークスは2016年4月1日より新しい経営体制に移行しました。

約10年にわたって代表を務めた小林が退任し、
今後は代表職を野澤1名に集約します。

<新経営体制>

代表取締役社長 野澤健
取締役 二口芳彗子

<代表 野澤からのメッセージ>

多様な個がそれぞれの強みを活かして柔軟にチームを組むことで、
常に変化しながらこれまでにない価値を創り出す。

異なる専門性を持った個の組み合わせにより
分野の壁
言語の壁
文化の壁
立場の壁
を越えて発想する。

個の強み
個であることの強み
チームの強み
を掛け合わせ、スピーディーに高品質なアウトプットを生み出す。

幅広い分野にまたがるサステナビリティの領域において、
グローバルな視点と高い専門性を発揮していくために、
小さなチームである私たちが、
小さいからこその強みを活かすべく、大切にしてきたアプローチです。

この「個」は、お客さまやパートナーといった立場を越えた概念です。

常に個を起点としながら、立場を超えて共通の目標に向かうチームとなり、
これまでにない新しい価値を生み出していきます。

「個」が輝くサステナブルな社会を実現するための
波を起こす一滴の雫となるために。

この4月から、新しい体制でまた歩んでいきます。

会社としては、組織と個人、双方のサステナビリティへのシフトに
貢献していけるよう、活動の幅を広げていきます。

私個人としては、自身の壁を越えていくために、
色々な方と接点を作っていきたいと考えています。
もし関心を持たれた方がいましたら、お気軽にご連絡ください。

新生エコネットワークスを今後ともよろしくお願いいたします。

野澤健

405237_10150641105161453_1214555343_n

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

【4/2】ENW cafe vol.3 「羊の国ニュージーランドで見た、考えた! 個が輝ける社会のあり方・働き方」

SDC11871
photo by Mr Thinktank

様々な個がゆるやかにつながるチーム・サステナビリティに
関わりのあるパートナーの方をお招きして、
社会のこと、仕事のこと、生活のことをお聞きするENWカフェ。

第3回は、
ニュージーランドでの研究生活から見えてきた
「個が輝ける社会の在り方や働き方」がテーマです。

【スピーカー】
小林一紀
2013年に生活の拠点をニュージーランドに移し、
企業経営と「個のサステナビリティ」をテーマに研究を行う。

【日時・場所】
4/2(土)14:00〜16:00
@水天宮前

【参加費】
1,000円

【内容】
・個を大切にする羊の国ニュージーランド
・日本との比較でみる働き方、女性の働きやすさ、企業のあり方
・多様性な個を受け入れ、個が輝ける社会に必要なこと
など

<小林一紀よりメッセージ> 
日本とほぼ同じ一人当たりGDPで、日本より
・多民族が共生する
・女性が働きやすい
・ワークライフバランスを大切にする
社会であるニュージーランド。

エコネットワークスが掲げる
「個」が尊厳を持って生き、輝くことができる「サステナブル」な共生社会
へのヒントを得る期待をもって
家族で移住して3年が経ちました。

大学を通して、
社会活動を通して、
子どもの学校コミュニティを通して、
色々な出会いや発見や失敗を経て、
考えたこと。考えていること。

ニュージーランドでの暮らしを通じて見えてきた、
「個が輝ける社会の在り方や働き方」に必要なことについてご紹介します。

とくに、働きやすい社会や会社のあり方に関心がある方
いますぐでなくても、将来的にNZに限らず国外で暮らし、
働くことをイメージしている方にぜひお会いできたら幸いです。

【お申し込み・お問い合わせ】
お申し込みは、こちらのフォームから
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ENW cafe 過去の開催報告

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

【お知らせ】The World Guide to Sustainable Enterprise (Volume 2: Asia Pacific) で日本の取組みを紹介

「サステナブルな事業(サステナブル・エンタープライズ)」
をめぐる世界の取組みについて紹介した書籍 

『The World Guide to Sustainable Enterprise (Volume 2: Asia Pacific)』

が英国で発行されました。

本書は、「サステナブルな事業(サステナブル・エンタープライズ)」に対して、
各国がどうアプローチしているのかをグローバルな範囲で詳述した初の包括的な大要です。

本書の詳細は、ウェブサイトでご覧になれます。
http://www.greenleaf-publishing.com/productdetail.kmod?productid=4109

出版社
Greenleaf Publishing (UK)
発行
2016年1月

世界4地域ごとに、全4巻から構成されており、
各国ごとに、関連する歴史、課題、トレンド、研究、ベストプラクティス(ケーススタディ)、関連団体を紹介しています。
各国の体系的なレビューを提供する本書を通して、各地域の類似点や異なる点をご覧になれます。

第2巻「アジア・パシフィック編」では、
日本を含む21カ国について詳述しており、
日本の章を弊社の小林が執筆いたしました。

ご関心のある方にぜひご覧頂ければ幸いです。

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

【2/12】ENWカフェvol.2 「香りで心と体をメンテナンス」

スクリーンショット 2016-02-02 14.08.29
Photo by Mauro Ponti

多くの人が時間に追われ、ストレスにあふれた働き方をしている現代社会。

飲み会やカラオケなどを一時的なストレス発散法に使う人も多いですが
最近、日々のストレス低減法やメンタルヘルス管理法に
精油やハーブの”香り”が注目されています。

そこでENW cafe vol.2では
アロマテラピーに関する講師活動やオリジナルハーブティーの販売などを行う
近藤圭子さんをお招きします。

ハーブティーを飲みながら、「香りを使った心と体のメンテナンス」
について学んでみませんか?

【内容】
・ハーブや精油の”香り”って一体どんな効果があるの?
・香りで心と体をメンテナンス
・疲れや集中力アップにハーブや精油を使うには
・仕事中にも使える携帯用アロマを実際につくってみよう!

【日時・場所】
2月12日(金)19時~21時@水天宮前駅徒歩5分
遅れてのご参加もOKです!

【参加費】
1500円 

近藤圭子さんウェブサイト
スクリーンショット 2016-02-02 13.15.50
「ハーブとアロマテラピー 灯り」

お申し込みは、こちらのフォームから
ご質問はこちらからお願いいたします。

ENW cafe vol.1の開催報告はこちらからご覧になれます。 

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

【お知らせ】年末年始休業について

続きを読む

Share
カテゴリー: 更新情報 | コメントする

【12/3】英語版CSRレポート制作勉強会 〜リスクチェック&品質向上に向けてすぐに取り組める5つのヒント〜

IMG_53513

「英語版CSRレポートを改善したいけれど
どこから着手していいかわからない」
「日本語版で手一杯で考える余裕がない」

そうした悩みをよくご担当者の方から伺います。

そこで今回の勉強会では、これまでに数十社以上の海外向け
CSRコミュニケーションツールの制作に携わった経験を元に、
リスクチェック&品質向上に向けてすぐに取り組めるヒントをご紹介します。

【内容】
・海外で好まれる表現、デザインとは
・ここを抑えればOK 注意すべきチェックポイント
・制作・翻訳チームとのスムーズな連携の仕方
・英語発信の質向上に向けて必要なこと

【対象】
・英語版CSRコミュニケーションツールの制作発行ご担当者様
(制作会社、翻訳会社の方の参加はご遠慮ください)

【日時】
12月3日(木) 16時〜17時半

【参加人数】
5〜8名程度

【場所】
都内会議室
※お申し込みをされた方に個別にご案内いたします

【参加費】
3000円

※言語とサステナビリティの観点から貴社の
英語版CSRコミュニケーションツールのレビューを
ご参加いただいた方に無料で実施いたします。

ご希望の場合にはお申し込み時に媒体および対象ページ
(最大4ページまで)をお知らせください。

【お申し込み/お問い合わせ先】
担当:佐藤
sato[アット]econetworks.jp
※@に変更の上お申し込みください

Share
カテゴリー: Uncategorized, 更新情報 | コメントする