【ご報告】シンポジウム「ジェンダーとメディア」の報告が朝日新聞に掲載されました

2017 / 9 / 26 | 執筆者:EcoNetworks

9月9日開催のシンポジウムでの議論の内容が、9月25日の朝日新聞朝刊オピニオン面に掲載されました。

代表の野澤は、「海外との比較で学ぶジェンダー表現~脱ステレオタイプに向けて~」と題し、

・型にはめてしまうことで、一人ひとりが持つ可能性を押さえつけてしまっていないか?
・無意識に顔を出す「常識」は、多様な個が生きにくい社会を作る一因になってしまっていないか?

との問題意識から見える日本と海外のメディア発信の相違点を、詳しい事例を挙げて説明しました。

シンポジウムにご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

ジェンダー表現の海外事例を知りたい、勉強会があれば参加したいというご希望がありましたら、
こちらまでご連絡ください。お待ちしています。

関連のブログも合わせてご覧ください。
炎上事例からどう学ぶ? ジェンダーと、多様性と、人権と
http://www.econetworks.jp/internatenw/2017/09/fire/

このエントリーをはてなブックマークに追加