【12/3】英語版CSRレポート制作勉強会 〜リスクチェック&品質向上に向けてすぐに取り組める5つのヒント〜

2015 / 11 / 13 | 執筆者:EcoNetworks

IMG_53513

「英語版CSRレポートを改善したいけれど
どこから着手していいかわからない」
「日本語版で手一杯で考える余裕がない」

そうした悩みをよくご担当者の方から伺います。

そこで今回の勉強会では、これまでに数十社以上の海外向け
CSRコミュニケーションツールの制作に携わった経験を元に、
リスクチェック&品質向上に向けてすぐに取り組めるヒントをご紹介します。

【内容】
・海外で好まれる表現、デザインとは
・ここを抑えればOK 注意すべきチェックポイント
・制作・翻訳チームとのスムーズな連携の仕方
・英語発信の質向上に向けて必要なこと

【対象】
・英語版CSRコミュニケーションツールの制作発行ご担当者様
(制作会社、翻訳会社の方の参加はご遠慮ください)

【日時】
12月3日(木) 16時〜17時半

【参加人数】
5〜8名程度

【場所】
都内会議室
※お申し込みをされた方に個別にご案内いたします

【参加費】
3000円

※言語とサステナビリティの観点から貴社の
英語版CSRコミュニケーションツールのレビューを
ご参加いただいた方に無料で実施いたします。

ご希望の場合にはお申し込み時に媒体および対象ページ
(最大4ページまで)をお知らせください。

【お申し込み/お問い合わせ先】
担当:佐藤
sato[アット]econetworks.jp
※@に変更の上お申し込みください

このエントリーをはてなブックマークに追加