【お知らせ】サマ―シフトを導入します

2011 / 6 / 30 | 執筆者:EcoNetworks

ENWでは、ピーク電力削減と、更なる付加価値向上を目的に、サマーシフトを導入します。


私たちENWでは、働き方に徹底的にこだわって仕事をしています。

職住近接。ネットワーク型の情報共有。時間管理。

既存の方法に縛られず、働き方を自らデザインし、
アウトプットを高めていくことに挑戦しています。

この夏は、全ての組織にピーク電力削減と節電への貢献が求められます。

私たちは、これを新たなチャレンジの機会と捉え、
ENW流サマ―シフトを導入することにいたしました。

単に電力消費を削減するだけなく、
暑い夏に適した時間帯に仕事をすることで
付加価値も向上させる、ということを狙いにしています。

ただ、サマ―シフト導入により、特にお昼前後の時間帯で、
メール/電話でのお返事が一時的に(数時間)ずれる可能性もございます。

業務を滞りなく遂行できるよう万全の態勢で臨みますが、
気になることがございましたらどうぞご教示、ご指導いただければ幸いです。

この節電、ピーク電力削減の挑戦が、
皆様にとって次につながるプラスの経験となるように願っております。

————————
【目的】
ピークタイムの消費電力削減と付加価値の更なる向上

【原則】
仕事及び家庭に支障をきたさない形で、自己判断にて各自が実行。
業務時間は1日8時間を原則に、電力使用量が高まる日中を
できるだけ避ける形で各自がシフトを組む。

【期間】
7月・8月の全日、及び9月の真夏日(日中気温が30℃以上の日)に適用。

【内容】
●早朝シフト
電力消費が少なく、また暑さがきつくない7時前の早朝作業を奨励。

<他組織の取り組み>
東急、午前4時台に始発繰り上げ 東横・田園都市線
http://www.asahi.com/national/update/0530/TKY201105300345.html

●朝夕社内mtg
社内会議はインターネットを使うことが多いため、
電力消費の少ない朝一か夕方に集中。

●シエスタタイム導入
最も消費電力が高くなる13時~15時は作業を一時中断。
1時間をお昼休み、1時間をシエスタ(昼の休息)にあて、電気も切ります。

<他組織の取り組み>
節電に「シエスタ休暇」、岐阜県が職員に奨励
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2806956/7359632

●非電力(アンプラグド)タイム(12時~16時)
電力需要が高くなる時間帯は、PCを使わないアナログ業務、
または、前もって充電した電力を利用して作業。
充電はできるだけ夜間に。
電話での対応は適宜致します。

<他組織の取り組み>
電力ピーク時はiPadで業務、ソフトバンクが夏の節電体制を明らかに
http://dt.business.nifty.com/articles/4248.html

●クールスポット発掘
公共施設や商業施設など、冷房をシェアできる場所を発掘。
1人で家にいる場合、日中は移動して作業する。

●電力警報が出たら非電力(アンプラグド)タイムにシフト
電力需要が容量の95%に達した場合、会社全体がアンプラグド業務に移行。

<他組織の取り組み>
停電回避へ節電警報メールを配信
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110624/trd11062420570027-n1.htm
————————

このエントリーをはてなブックマークに追加